仕上げで差が出る

金額や価格の傾向について

クリーニングに衣服を預けて満足のいく仕上がり出なかった場合はお店に電話してクレームを言ったりする人も少なくありません。仕上げが上手くいかなかった場合にこのようなクレームに発展します。 クリーニング店の仕上げはそこにいる人の技術にもよりますので複数のクリーニング店でその仕上げを比べるのもよいでしょう。 仕上げにおいて価格に差はありませんが服の種類によって価格が変わります。 シャツが一番安いので出す人が多い傾向にあります。 これがブレンド物だったとしても価格には変化ありません。あくまで服の種類によって価格を決めていますので自分で洗濯出来なさそうなものはクリーニングに出しましょう。

これまでの歴史や変化

クリーニング店は昔はそこまで店舗としては多くありませんでした。 しかし服の種類や服につかっている素材が増えてきて家で洗濯するものが少なくなってきてからは昔からあるクリーニング店の店舗数が増えてきました。 クリーニング店にはクリーニング師が一人いないと営業出来ないという法律があります。さらには産業廃棄物など出しますのでクリーニングの出来る環境、土地でないと営業出来ないのです。 そこで昔からある店の店舗拡大が有効になっているのです。 価格の変動は少なくブレンドなどによって変わることもありません。 ただどんな品物にしても仕上げ一つでも丁寧にしてお客さまに満足してもらえるよう日々仕上げの技術を上げていっています。